HOME>お役立ち情報>離婚問題の早期解決が目指せる〜弁護士に依頼するメリット〜

離婚問題の早期解決が目指せる〜弁護士に依頼するメリット〜

割れたハート

子供がいる場合の離婚の流れ

夫婦が離婚をする際には、様々な手続きが必要になります。特に子供がいる夫婦の場合には子どもに関する取り決めが必要になるため、通常の離婚よりも話し合いに時間がかかることや、トラブルが発生することが多いようです。当事者同士の話し合いで合意に至らない場合には、裁判所に調停を申し立てることになります。裁判所の調停員の仲介で話し合いを行うため合意に至りやすくなりますし、弁護士に代理人を依頼することも可能です。子供がいる夫婦の離婚調停では財産の分与などの他に、子供の親権・養育費・面会などについて話し合うことになります。調停をしても双方の話し合いが合意に至らない場合には、その後は裁判で親権などを争うことになるのです。

ジャッジガベル

裁判を早く終わらせる方法

離婚を裁判で争う場合には、まずは家庭裁判所に訴状を提出することになります。その後裁判所からの呼び出しがあり何度か口頭弁論が行われ、裁判の判決が言い渡されるのです。離婚の裁判は本人が申立てることもできますが、各種書類の作成や法廷での弁論などには法律的な知識が必要になるため、裁判には時間がかかるかもしれません。裁判を早く終わらせるためには、弁護士への依頼がおすすめです。弁護士に依頼をすれば面倒な書類の作成などを任せることができますし、さらに裁判の手続きをスムーズに進行させることができます。有利な条件で離婚が成立する可能性が高くなりますので、ある程度の費用がかかったとしてもトータルではお得になるのです。